COLUMN

キッチンを楽しもう。

食事は、家族をつなぐ暮らしの基本。毎日のことだからこそ、料理の時間も楽しく、快適にしたいものです。
家事動線や使い勝手を十分に考えた自分好みのキッチンで、新しい暮らしを始めましょう。

1.キッチンレイアウトの基礎知識

一言でキッチンといっても、レイアウトによってそれぞれ特徴があります。プランニングの際には、設備の機能やデザインだけでなく、どのようなレイアウトが家族にとってベストなのかを、しっかりと考えることが重要です。

子育て世代を中心に人気の
対面型キッチン」

キッチンで料理をしながら、リビングで遊ぶお子さんの様子が見渡せるレイアウトです。料理をしている間も家族とコミュニケーションをとることができ、調理する人が孤立することがないため、子育て世代を中心に人気があります。吊り戸棚を付けずに開口部を大きくすると開放感にあふれた軽やかな印象に仕上がります。しかし、調理中の匂いや音もリビング側に影響するため、設備を選ぶ時には注意も必要です。リビングとの境目に高さのあるキッチンカウンターを設置すると、調理中の手元やキッチン周りの生活感を隠すことができ、見た目もスッキリとした印象をキープできます。

家族みんなで料理を楽しむ
アイランドキッチン」

都会的な洗練された雰囲気の「アイランドキッチン」は、ダイニングテーブルに料理を運ぶ時も動きやすく、家族みんなで料理を楽しみたいファミリーにおすすめです。しかし、設置には十分な広さが必要。視界を遮るものがないため、開放感のある空間が実現できる一方で、油はねや匂いが拡散しやすくなるデメリットも…。また、キッチン周りが丸見えになるため、せっかく上位グレードのスタイリッシュなキッチンを設置しても、ごちゃごちゃとした生活感が見えてしまっては台無しです。日頃から整理整頓と掃除をこまめにすることが不可欠なレイアウトといえます。

限られたスペースを有効に使う
壁付けキッチン」

LDKに十分な広さが確保できない場合は、壁に向かって一列に水廻りと調理器具を設置した「壁付けキッチン」が適しています。吊り戸棚を設置しても圧迫感がなく、目の前に小さな窓をつけることもできます。ただし、対面キッチンとは反対に調理中に家族の様子を見渡すことができないため、小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、調理中の事故を防ぐために十分な安全対策をとる必要があります。

料理に専念するなら
独立型キッチン」

対面キッチンとは対照的な「独立型キッチン」は、キッチンで過ごす時間が長く、料理好きな方におすすめです。ダイニングやリビングとは別の独立したスペースに調理器具、水廻り、キッチン家電、食材、食器などをひとまとめにしてしまうことで、ダイニングとリビングへの影響を心配することなく、料理に専念することができます。生活感のあるものはすべてキッチンにまとめてしまうため、急な来客でも慌てる必要がありません。

2.パントリーを活用して、すっきりキレイに

パントリーは、ご自宅で料理教室を開きたい方、お菓子やパン作りが趣味の方はもちろん、まとめ買いが多いご家庭にもぜひおすすめしたい収納スペースです。キッチンに隣接して設置されることが多く、食品や飲料などのストック、使用頻度の少ない調理器具などをたっぷり収納することができます。

可動式の棚を設置して、使い勝手良く

奥行きの浅い戸棚のようなパントリーやウォークインクロゼットのようなパントリーなど、広さはさまざまですが、いずれも収納する物の大きさに応じて高さを変えることができる可動式の棚を設置すると使い勝手が良くなります。なんでも収納できるからといって、奥行をとりすぎると奥にしまった物の存在を忘れてしまったり、取り出しにくくなってしまうこともあるので、奥行は40センチ程度を目安にすると良いでしょう。

熱がこもらないように、十分な通気を確保しましょう

食品を収納するパントリーには、熱がこもらないように通気を十分に確保する必要があります。買い置きの食品は賞味期限などを定期的に点検し、なるべく詰め込みすぎず、少し余裕をもって収納するように心がけましょう。ウォークインタイプのパントリーなら、窓や作業用カウンターを設置するのもおすすめです。

3.LDKからつながるデッキで、休日の食事を特別な時間に

屋外にLDKからつながるデッキがあれば暮らしはもっと楽しくなります。自宅にいながらカフェのように優雅な気分で休日のブランチを味わったり、気の合う仲間を招いてホームパーティーを楽しむなど、デッキスペースは第2のダイニングとして利用できます。

食事をもっと楽しく、自由に

新築の家なら特に、家の中に匂いが充満する料理は少し勇気が必要です。そんな時にあると便利なのが、LDKからつながる屋外のデッキスペースです。屋外用のテーブルと椅子を設置すると第2のダイニングとなり、匂いや煙を気にすることなく、バーベキューや燻製などの料理も楽しめます。
気の合う仲間とのホームパーティーや家族団らんの焼肉など、みんなで囲む食事がもっと楽しく、わくわくした時間になるはずです。

デッキで育てる、小さなハーブガーデン

週末に手作りピザやパスタ、ビストロ料理などに腕をふるう時、たくさんの量は必要ないけれど、少しあると便利なのが、バジルやミント、ローズマリー、イタリアンパセリなどのハーブです。こうしたハーブもキッチンやリビングに隣接する屋外のデッキで育てていれば、使いたいときにさっと使うことができ、料理をぐっと美味しく、素敵に演出することができます。ハーブを育てるには小さなプランターで十分です。ぜひ、デッキを活用して小さなハーブガーデンを楽しみましょう。

アイワホームは注文住宅を専門的に造る住宅会社です。
お客様のご要望を真剣にお聞きし、お客様のご期待以上のご提案をいたします。
設計から施工まで丁寧に造り込んだ、当社の新作デザインをご覧ください。
SHARE
LINEで送る