当社は創業から29年、建築実績も2,800棟を数え、アフターサービスの重要性は高まってきています。
当社では独自に開発した「トータル行程監理システム」と「アイワ住まいのサポートシステム」で、
ご契約からお引渡し、さらにアフターサービスまで、全社一丸となって、お客様のお住まいを見守っています。
私たちはお客様との一生のお付き合いを大切にしています。

会社情報
設立
1988年(昭和63年)9月
資本金
1億円
代表者
代表取締役 林 一二
Hayashi Katsuzi
事業内容
木造在来軸組構法による、
木造注文住宅の設計・施工・
アフターメンテナンス
事務所
本  店
〒921-8575
石川県野々市市押野3丁目61番地

本店営業部ATERA
〒921-8575
石川県野々市市押野3丁目65番地

東営業所
〒920-0848
石川県金沢市京町30番32号
社員数
52名
売上高
29.5億円(2016年度)
取引銀行
北國銀行野々市支店、
北陸銀行金沢問屋町支店、
金沢信用金庫野々市支店
許可番号
建設業/石川県知事(特28)第10300号
宅建業/石川県知事(7)第2406号
1級建築士事務所/石川県知事登録 第12525号
沿革
1988年
金沢市にて会社設立(資本金2500万円)
1991年
野々市市押野に新社屋竣工
1992年
野々市市押野に本店を移転(資本金5500万円に増資)
1995年
金沢市京町に東営業所を開設(資本金8000万円に増資)
2000年
資本金1億円に増資(名古屋中小企業投資育成株式会社)
2004年
街づくりプロジェクト開始(サニースクエア・シリーズ)
第1弾 野々市市若松にて着工開始(全21区画)
2005年
サニースクエア若松21棟完成
第2弾 金沢市松村にてサニースクエア松村着工開始(全35区画)
2007年
第3弾 野々市市太平寺にてサニースクエア太平寺着工開始(全32区画)
2008年
20周年記念展示場オープン(サニースクエア太平寺2棟、サニースクエア松村1棟)
2009年
価値ある」住宅展 展示場オープン(サニースクエア太平寺2棟、サニースクエア 松村1棟) サニースクエア松村35棟完成
2010年
サニースクエア太平寺「新」10区画を造成(サニースクエア太平寺は合計42区画)
展示場「空と家」、展示場「大空間リビングの家」オープン
2011年
展示場「skip」、展示場「step」オープン
2012年
春の展示場オープン(野々市市太平寺)
提案型注文住宅第3弾「UkiUki」発表
2013年
春の展示場オープン(野々市市)
2014年
展示場「楽しいWA」、北安江、つばきの郷の3棟発表
2015年
サニースクエア新庄(野々市市)全15区画着工 展示場「COURT De SHINJYO」発表
2016年
提案型注文住宅「リゾート野々市」発表
本店営業部「ATERA」完成
アクセス
本  店

〒921-8575
石川県野々市市押野3丁目61番地
TEL:076-246-3111(代表)
FAX:076-248-8877

本店営業部ATERA

〒921-8575
石川県野々市市押野3丁目65番地
TEL:076-225-3000(代表)
FAX:076-225-3133

東営業所

〒920-0848
石川県金沢市京町30番32号
TEL:076-253-3111(代表)
FAX:076-253-3222

Google Map
Google Map
Google Map
CSR活動
わたしたちが、社会のためにできること。

当社は、法令遵守はもとより、「いい家を造り、住みやすい地域をつくる」という社会的ニーズに真摯に応えることも、住宅会社のコンプライアンスと考え、それを実践しています。 いい家を造るために、当社はきめ細やかな設計、丁寧で緻密な施工、アフターサービスの充実に努めています。その結果、ご契約の約7割をお客様や協力業者様からの「紹介」でいただいています。 創業から29年、建築実績も2,800棟を数え、アフターサービスの重要性は高まるばかりです。 当社では独自に開発した「トータル行程監理システム」と「アイワ住まいのサポートシステム」で、ご契約からお引渡し、さらにアフターサービスまで、全社一丸となって、お客様のお住まいを見守っています。 私たちはお客様との一生のお付き合いを大切にしています。

ZEH普及目標
2016
年度
2017
年度
2018
年度
2019
年度
2020
年度
ZEH率 5% 10% 20% 35% 50%
実績 4% - - - -

ZEH ゼッチとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。
住まいの断熱性・省エネ性能をあげること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の1次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。国が主導して2030年に住宅のZEHを目指しています。