お客様の声
一覧
津幡町在住 O様
2021年12月訪問
営業担当:岡川 達也
幸せな時間が流れる
家族の帰る場所

― プロ目線で選んだ、アイワホームの和モダン空間
ご主人:マイホームを考え始めた当時、住宅の傷を修繕するリペアーの仕事をしていました。いろいろなメーカーの新築を何万軒も見てきた中で、自分の家を建ててほしいと思ったのはアイワホーム。せっかくならご縁のある人に担当してもらいたいと、共通の知り合いを介して岡川さんを指名しました。
奥様:義理の両親と同居していましたが、子どもが成長するにつれ自分の部屋をつくってあげたいと思うようになり、校区の関係もあって小学校入学前までにはマイホームをと考えていました。ハウスメーカー選びは、知識のある夫に任せました。
ご主人:白い壁のスタイリッシュな住まいにも憧れました。しかし、これからずっと住むことを考えると、木を生かしたあたたかみのある家の方が家族の時間を大切にできそうだと思い、アイワホームに決めました。
奥様:夫婦とも和の雰囲気を感じる方が落ち着くんです。「アイワホームは、和モダンな空間をつくるのがとてもうまい」と聞いていたので、私たちに合った家がつくれるかもと期待しました。

― 親身のアドバイスと提案力に支えられ理想の住まいを実現
奥様:アイワホームで建てたお宅を見学させてもらったら、私の希望をすべて叶えたようなつくりで、「こんな家をつくれる会社なんだ」と安心しました。対面キッチンのカウンターにタイルを貼ったのも、階段手すりの金具をブラックにしてアクセントにしたのも、そのお宅を参考にしたんです。
ご主人:見学の機会を設けてくれただけでなく、プランニング中も、私たちの要望を聞き予算配分を考えながら、なんとか形にしようとさまざまな提案やアドバイスをくれました。
奥様:例えば、玄関スペースにシューズクロークを検討したのですが、岡川さんの「実家暮らしだったOさんには玄関が狭く感じてしまうはず。家の顔でもある空間は広さを大事にした方がいいのでは?」という言葉で迷いがなくなりました。
ご主人:ウォークインクローゼットは内装にタモ材を使うつもりだったんです。でも、あえて費用を抑えながら憧れていたショップのような雰囲気に仕上げる方法を提案してくれて。おかげで、キッチンのタイルも好みの音楽を流せるトイレも気に入ったものはすべて実現することができました。
奥様:一枚板のカウンターとダイニングテーブルも、岡川さんのアドバイスで木材から選んで造作したんです。市販品より費用を抑えられたうえ、端材まで無駄にすることなく玄関に使ったので、家への愛着がより深くなりました。
ご主人:私たち家族のこれからの暮らしを真剣に考え、ビジネスを超えてはっきり意見を言ってくれるので些細なことも相談しやすく、心残りのない家づくりができました。

― 「アイワなら大丈夫」職人の言葉がくれた安心感
ご主人:どのハウスメーカーを選んでも、ある程度の希望は叶うと思うんです。でも、私たちが大切にしたかったのは、人に対する思いやりがあること。それは、工事をする職人や現場監督を含めてのことで、人といい関係が築ける会社なら、きちんとした家づくりをしてくれるはずだと考えました。
奥様:建築途中も見学に行くと、職人さんたちが、今どんな工事をしているか、なぜこの材料を使うかといったことを丁寧に説明してくれました。子どもたちにとってもいい思い出です。
ご主人:大工さんが「職人には厳しい現場やけど、施主としてはアイワホームがいい。きっちりしとるぶん絶対いい家が建つわ」と言ってくれたんです。まだ完成がイメージできない段階でなんとなく不安もあったのですが、そのひと言で吹き飛びました。

― リビング階段に込めた、家族へのメッセージ
ご主人:完成した家に初めて入ったときは、感激すぎて「わー!」以外、言葉がなかったですね。
奥様:イメージ通りの空間が目の前に広がっていて、家族全員、ずっと笑顔でした。
ご主人:不思議なことですが、別々に暮らすようになってから親とすごす時間が増えました。昨日もわが家でクリスマスパーティーをしたんですよ。いい距離感で良好な関係が築けています。
奥様:子どもたちが毎日のように友達を連れてくるようになりました。今までは子どもなりに遠慮していたのかもしれませんね。
ご主人:リビングを占領されて夫婦でダイニングに追いやられることもありますが、それもなんだか微笑ましくて幸せです。
奥様:夕方のあわただしい時間も、キッチンに立ちながら子どもと会話できますし、たまには夫婦で料理をしながら仕事の相談をすることもあります。日常の忙しさは変わりませんが、会話は圧倒的に増えました。
ご主人:自分の部屋ができたことで、子どもに自立心が芽生えた気がします。2人とも自然と自分の部屋で眠るようになりました。
奥様:夫が掃除好きになって、暇を見つけては家中を掃除してくれます。お風呂なんて毎日拭き上げてくれるので、遊びに来た友人たちにも「きれい」って褒められるんですよ。楽しそうに掃除してくれるので助かっています。
ご主人:子ども達が成長すれば、反抗期とか彼氏や彼女ができたとか、きっといろいろありますよね。でも、何があっても会話を絶やさずみんなで食卓を囲んでいれば、「帰りたい」と思ってもらえる家になると思うんです。リビング階段や大きなダイニングテーブルは、僕のそんな思いの表れ。この家ならきっと実現できると思っています。

営業担当:岡川 達也(本店営業部)

建築業界で働かれていたご主人は、私より多くの住宅を見てきた方。豊富な知識に甘えることなく、プロとしてより良い案を先回りしてご提案するよう努めました。アイワホームを推してくださったご主人はもちろん、奥様にも心からご満足いただける家を建てることが私の使命だと考えていたので、「家を建てて良かった」という言葉を聞いたときはとてもうれしかったです。